甲賀市美術展覧会2020年・写真部門に出展(前編)

※アフィリエイト広告を利用しています

甲賀市の美術展・写真部門に出展するも、ちょっと失敗。
今回は、地元の美術展(写真部門)出展準備中の記事です。

▼第15回 甲賀市美術展 写真部門
・2020年2月29日(土)〜3月8日(日)(3月2日(月)は休館)
・9:00〜17:00(最終日は16:00まで)
・作品の講評会は3月8日、14:10〜15:40
・碧水ホール

この美術展には一昨年に一度出展しています。以前からこの美術展は知っていましたが、私の撮るような写真を出す場所ではないと思っていました。それは写真雑誌や二科展などのコンテスト系の写真で、すでに長年の膨大なノウハウが蓄積されていてクォリティも高い、それから外れると認められない…というイメージだったから。

しかし、そういうものであったとしても出すのは自由。賞を取るのが目的ではなく「なんだか出してみたい」。また、同じような写真を撮る人が「来年は出してみよう」と、思うことがあれば嬉しい。
つまり「写真で自己主張がしたい」そんな気持ちで出してみることにしました。

しかし、一昨年出してみると、クォリティは低いし作品の強さなどもユルユルで、やっぱりよくなかったなあ…という結果になりました。
そこで、次回は少し美術展の流れに沿った部分を意識しながら、自分の好きな写真を出せないものか…と、参加の準備をすることにしました。

出展するシリーズ

普段は、街中のスナップやテーブルフォトみたいなものばかり撮っているのですが、1年ほど前から「抽象系」って言っているシリーズ?をたまに撮っています。これは浅いピントや物の一部分を「それが何かわからないように撮る」というコンセプトの抽象的な絵面の写真です。
この中に、「これは出せそうかな?」というのが撮れたので、それを出すつもりでいました。その写真がこれ↓。

ところが、この写真を雑誌に投稿したところ微妙に載っしてしまって、美術展に二度出しすることができなくなってしまいました。
それ以降、他の「抽象系」をちょこちょこ撮っていたのですが、展示会に出したいようなものが撮れませんでした。
こんな感じ↓。


このシリーズは、こちらに…https://iseshinshin.amebaownd.com/

それで、仕方なく抽象系以外で出展する写真を考えることにしました。

まずはどんな写真にするか?の条件は….
・コンテスト写真系にはしない
・定番の場所、定番の対象、定番の撮り方ではない写真
・迫力を出すための、構図、寄り、トリミングはしない
・コンテスト独特の、彩度、コントラスト、キレイに仕上げる処理、などを避ける

・なにこれ?って思われてもいいからヘンな写真にする
・滑らかさ、シャープなピントは必ずしも優先しない
・ブレ、ローファイなど必要な表現は残す

その上で押さえたいポイントは…
・できればピントのシャープさ
・画面整理
・画像のクォリティ
・テーマ性

こんなところ。
何をしたいのかと言うと、やはり型にはまりたくないと言うこと。
それなら、わざわざ美術展でやらなくてもいいのでは…と、言われそうですが、すごくキレイでレベルの高い美術展写真の展示に、何か投げかけたいのだと思います。細かいことは自分でもよくわかりません。

候補にセレクトした写真

それで引っかかったのがこれらの写真。


なんだかわからない抽象系。単色ベタが多くて、何これ?感が強いのですが、画面に変化が無さすぎか?
ちなみに、抽象系のシリーズは「○○みたい…」という解釈はしません。自分が感じる意味を託します。見る人にも意味を考えて欲しいのです。この写真は、「夜明け」とかのタイトルはつけません。ストレートに言うと「鬱」です。うつ病ではありませんが、長年の持病を持っていると元気な人やピーカンの天気が辛いことがあります。そんな時このくらいの明るさや雰囲気が落ち着くのです。


ちょっとベタで素人感が丸出しなのですが変な写真ということで。でもやはり煩雑すぎるかな?きたないのでプリントは調整しています。


これはちょっと美術展寄りかもしれません。好きな写真なのですが、内容的におとなしいか?プリントして飾っておくのにいいかと思います。


これも、何これ?系。デジタルぽい絵面がいいのですが、ちょっと粗いんです。


これは受けがいいのですが、普通すぎ、というかむしろ嫌^^。

プリントを発注

上記の写真の中から、迷いに迷って一枚を「カメラのキタムラ」のプリントサービスに出しました。
サイズはA3伸び。「ニトリ」で買った「ポスターフレーム4050」にセットする予定です。
カメラのキタムラのプリントにかかる日数が7日後。ということで搬入日の2日ほど前に出来上がりになります。

が(笑)、発注した写真ですが、後になってやはり気に入らず、もう一枚プリント発注することにしました。
発注日がちょうど一週間前で、ぎりぎり間に合わない可能性大のスケジュールです。間に合わなかったら諦めます^^;

理由は、最初に選んだものは「振り切ってなかった」ことです。
美術展で他の方と一緒に並べるということで、「人受け」を考えてしまい、中庸なものを選んでしまったのです。
それを発注した後で見返して気づきました。
やはり「なんじゃこれ?」「こんなの出すの?」
これが大事だと思い直しました。(搬入する時は恥ずかしいですが^^;)

 
…とまあ、今ここです。
この後、プリントの到着が間に合うか?
(無事プリントは間に合いました。結局両方出すことにしました。kokaindex名で出せるかな?)
結果は?どうなりますか…(笑)
結果は、後編に続きます。

▼2020年 甲賀市美術展覧会・写真部門に出展結果と新型コロナウイルス(後編)
https://lifephoto.work/archives/1660

この記事を書いた人

lifewithphoto
lifewithphoto
FUJIFILMとハスラー 作家・作品制作・個展、車中泊・撮影旅行...写真とカメラと車にまつわるすべてのコトを。FUJIFILM and Hustler Artist, work production, solo exhibition, sleeping in the car, photo trip...

滋賀県地元民による琵琶湖専門の写真サイト。写真スポットを掲載。Photo site specializing in Lake Biwa.

SUZUKI ハスラー初期型 Jstyle 2で楽しむミニバンーライフ 車中メシ・車中泊。Enjoy the minivan life with the SUZUKI Hustler early model Jstyle 2. Enjoy meals and sleep in the car.

フジフィルムX100Fを愛するマニアの専門ムックwebサイト。A specialized mook website for enthusiasts who love Fuji Film X100F.


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




おすすめ記事

  1. FUJIFILM X100Fの記事を専門ムックサイトとして分けました。 FUJIFILM …
  2. 滋賀で有名な紅葉スポットへ撮影旅 滋賀に住んでいたら外せない秋の紅葉スポット!有名な永源寺…
  3. アー写募集を募集していたら...突然のオファーが。 以前から、運営しているブログやSNSで…
  4. 2019年に撮った写真を一気見してみる^^ このブログにはいろいろ記事を書いていますが、実際の活動…
  5. FUJI FILM X-T30 X-T30 ダブルズームレンズキット BLACKposted wit…
  6. 【正規品 技適マーク付き日本語説明書付】Godox Thinklite TTL 2.4GHz…
  7. 前にも書いたのですが、自分が写真を撮ってきて、作品と呼べるものがない。 そこで、作品を残し…
  8. 実は最近、シネマティック動画というものを撮ってみたくなりまして、現在、うちにあるカメラ機材で…
  9. X100Fとお気に入り先代のG1X あなたはFUJIFILMユーザーですか? 私は、FU…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

    PICK UPリンク

    RSS 琵琶湖写真専門

    ページ上部へ戻る